通信制高校は学費が安いなどメリットがたくさん

全日制の高校と比較すると授業料がとても安い

全日制の高校と比較すると授業料がとても安い通信制の高校に入学するときの試験は驚くほど簡単でした仲の良い友達もできたりして、スクーリングが実は楽しみだった

私は高校を通信制校に通って卒業しました。
どうして通信制の高校に通う事になったのかというと、それまで通っていた全日制の高校で受けていたいじめが原因です。
なんとか卒業をしようと考えてずっと耐えていたのですが、いじめはエスカレートするばかりで、だんだん学校に行くことが億劫になり、最終的には布団から起き上がれなくなってしまいました。
勇気を振り絞っていじめの事を親に相談したところ、学校を変えようという話になりましたが、また全日制の高校に通うと同じようないじめを受けるかもしれないという理由から、通信制高校に通う事を検討するようになりました。
最終的に私はとある通信制高校に通って卒業することが出来たのですが、通信制高校に通う事で感じるメリットというのがたくさんあったので、実際に通ってみて感じたメリットをいくつか紹介します。
まず全日制の高校と比較すると授業料がとても安いです。
全日制の高校の場合は、塾などを含めた学校外活動費などを含めると公立高校でも年間約40万円程度必要になりますが、通信制高校の場合だと、学費は年間4万円ほどで通う事が出来ます。
さまざまな理由で全日制高校に通う事がつらくなり、通信制高校に通いたいと考えていても授業料の面で不安に感じる人も居るかもしれません、しかし通信制の高校の学費は全体的に全日制の高校と比較するととても安いです。
これくらいの授業料ならば、空いた時間にアルバイトなどをすることによって親に負担させずに自分自身で払うことが出来るでしょう。
私も実際に授業料は全て自分で払っていました。
そしてアルバイトを必ずできるというのもメリットだと言えるでしょう。
私が通っていた全日制の高校は、特例を覗いてアルバイトは禁止になっていましたが、通信制高校ではアルバイトをすることも自由なので、授業以外の時間はたくさんバイトをしていました。
そのおかげで授業料を払っていても同学年の学生よりはお金に余裕があったような気がします。